読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こがねいろ。

過去に愛したゲーム作品を懐古しつつ絵を描く毎日。

シリアスとは

真面目な話

きわめてまじめなさま、本格的なさま、事態などの深刻なさま等の意味。(ウィキペディアより)

この2か月というもの、お祭り用の絵を描くのが楽しすぎて気分がすっかりゆるんでしまった私がいる。
シリアス調な絵の描き方忘れちまってるなぁ……という話。


人様の作品なら安心して見に行けるんだけど、自分が描くとなると、なんとなく違うというか、柄じゃないというか。
単純に画力不足なのが大きな原因なんだけどさ…。

本音をばらすと、ギャグ系やゆるい系の画風って、たとえ画力が足りていなくても、それも含めて笑いに持っていけるというか、作風として許されそうな余地があると思えるから気が楽なんです。
でもシリアス調で描くとなると、絵的に下手だったらそれだけでも雰囲気壊して台無しにしちゃいそうだから、一部の隙も見せられない気分になってしまうんですよね。
だから描いててしんどい……(;´д`)
ギャグ絵が下手で笑われるのは範疇だけど、シリアス絵が下手で後ろ指さされるのは恥ずかしくてたまらん!!Σ( ̄ロ ̄lll)

……そうは言っても、実際描いて練習していかなきゃ何事も修得していけないわけで。
そんなわけで、とりあえず鉛筆でざかざか。f:id:ganeco:20170205221745p:plain

反古紙の裏だと思うと妙にはかどるぜ!(笑)
こういう髪がぱらっとなった感じが私の好物(*´ω`)
キャラを漫然と描いてると感情が抜け出ちゃった絵になってしまったりするので、台詞を入れてなくても何か言っていそうな顔を意識して描く練習中。
漫画で使う絵って大抵そうだしね。

しんどいと思う時はあるけれど、描くこと自体は決して嫌いじゃないのです。難しいけれど興味深い!
願わくば、ギャグからシリアス、ちびキャラから8等身キャラまでなんでも描きこなせる絵師を目指したいっす。

広告を非表示にする